銘菓「木守」誕生エピソード

「木守」とは晩秋の柿の木に翌年の豊作を願って、たった1つだけ残された実のこと。

その昔、茶人”千利休”が高弟達を集め、楽長次郎に焼かせた茶碗を譲り分けた際
手元に1つ赤楽茶碗が残った。利休はその色が柿の色に似ていること、そして
1つだけ残ったということから、この茶碗に「木守」と名付けてことのほか愛した。
利休主宰の茶会にもよく使われ、豊臣秀吉や徳川家康もこの木守茶碗でお茶を
召し上がったと言われる。
利休没後、この木守茶碗は孫元伯から武者小路千家に伝わり、3代目真伯の時に
高松藩主松平家に献上され現在に至る。千家ゆかりの名器として官休庵家元の
代替わりの茶事には松平家より貸し出され、その光彩を放っている。
しかし大正12年関東大震災の時、運悪く東京の松平屋敷に渡っており無残にも
粉砕してしまった。その後、焼け残った1片を用いて、楽弘入・惺入親子2代により
木守茶碗は復元された。
この復元を記念して、三友堂2代目大内松次が、両家より「木守」と菓子に銘をいただき
悲運の名器の面影を偲ぶ菓子を創製したのである。